失敗のないリフォームのために、確認しておきたいこと

浴室リフォームに大切なのは、使いやすさ!

お掃除のしやすさもカギ

お風呂場というと、どうしても湿気がこもりやすく、水回りならではのお掃除の悩みなどがありますよね。
とくに湿気の多い梅雨時や、水回りがからっと乾燥しにくい冬場など、カビが発生してしまう心配も生まれます。
そんな浴室リフォームで大きなポイントとなるのは、何と言っても、お掃除のしやすさとお手入れのしやすさなどでもあるんです。
最近では、水はけの良い床材など、細かいところまで気の利くシステムバスが多いのはご存知ですか?
また、掃除時の手間を考え、細かく取り外せて簡単にお手入れが可能になっている排水口まわりや、掃除のしにくい凹凸面をなくした壁など、実用的なデザインがどんどん増えています。
キレイでおしゃれだけど、掃除がすごくしにくい浴室は残念すぎますよね。
見た目のキレイさだけではなく、リフォームの際は、いかにお手入れがしやすいかという点も注意して、プランを立ててみてください。

イメージだけでのリフォームはNG

明るい浴室をイメージして、浴室に大きめの窓を取り付けたけど、結局近所の目が気になって窓をふさいで使っている、などと言った話をよく耳にします。
また、便利だと思ってつけた手すりやタオルかけなどの、凹凸がある部分が、思いのほか邪魔で危なかったりということもあるかもしれません。
よかれと思ってプラスしたデザインの数々が、のちのち後悔の種になってしまうことも。
浴室のリフォームだけではなく、すべてのリフォームを対象に言えることですが、イメージ先行のリフォームではなく、お手入れのしやすさや安全面、他の部屋や立地との兼ね合い、そして家族みんなの使いやすさを考慮したリフォームになるように心がけましょう。
もちろん、素人の判断では、細かいディテールについてのデザインは難しいものです。
リフォームアドバイザーなどのプロの意見を上手に取り入れ、納得のいくリフォームができるようにしたいですね。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ