浴室リフォームする前にチェックしておきたいこと

失敗のないリフォームのために、確認しておきたいこと

浴室リフォームをしたい理由は?

浴室のリフォームを検討中の段階で、忘れずにチェックしておきたいポイントとは、いったいどういったものでしょうか?
まず、在来工法にするのか、ユニットバスを導入するのかで大きく異なってきます。
現在の浴室のタイプにもよりますが、浴室をいちからすべて作り出す在来工法に対して、あらかじめ規格になったユニットとなっている浴室を住宅にはめこむユニットバスがあります。

お住まいの住宅の形状や状態によって、工賃や工法なども異なりますし、リフォームの目的によってもどちらが適しているかは変わってきます。
また、実際に浴室のどの部分のリフォームをしていきたいのか、浴室の床や壁、浴槽やシャワーなどの部分的なリフォームを希望しているのか、それとも全体的なリフォームを希望しているのかによっても、リフォーム工事の内容は大きく変わってきます。

浴室だけではなく、洗面所から脱衣所、浴室までのすべてのエリアをバリアフリーにしたい場合や、浴室近辺のエリア全体を、風通しが良い広々とした空間にしたい、などといった具体的な希望がある場合もあるかもしれません。
そういった場合は、在来工法とユニットバスを希望にそって組み合わせることができる、ハーフユニットバスタイプも存在しますので、プロの話を聞いて、チェックしてみるといいかもしれません。
リフォーム前にチェックしておきたい、このほかの細かい点としては、どういった設備が必要なのか、どういった素材を希望しているのか、現在の問題点はどこなのか、などがあげられます。
また、住宅リフォームすべてに言えることですが、いくつかの業者の話を聞き、疑問点ができるだけなくなるようにコミュニケーションを取ること、そして各業者の見積りなどを見比べて検討することが重要になります。

↑ページの先頭へ